ハーフピッチコネクタとは?

<ハーフピッチコネクタとは?>
●ハーフピッチとは、ピン間隔がフルピッチ(2.54mmピッチ)の半分の間隔(1.27mmピッチ)であることから
 ハーフピッチと呼ばれています。
 ちなみに…フルピッチ(2.54mmピッチ)は1/10インチ(1インチ=2.54cm)から来ています。

 インチが採用された背景としては、もともとコネクタはアメリカが発祥のためであるといわれています。
 ですが、最近では世界共通のmm(ミリ単位)がベースになっています。
 フルピッチはDINやMILといった規格品が多いですが、ハーフピッチは各社の独自品が多い傾向があります。

   

<ハーフピッチはどこに使われている?>
 ⇒ハーフピッチコネクタは発売開始から30年以上経つ製品で、工業機器を中心に採用されています。

 半導体制御装置        スマートメーター      工場向けロボット
 
     

 鉄道関連           発電設備           ATM 
 
     
    
 この内容をまとめた資料はこちらでダウンロードできます。