Home→新着情報

DTシリーズ新発売の案内

高速伝送対応0.5mmピッチフローティングコネクタ
DTシリーズ製品画像(2015/2/1)

高速伝送対応0.5mmピッチフローティングコネクタ「DTシリーズ」を新発売します。
フローティングコネクタとは、基板にコネクタを実装する際に生じる縦横方向の誤差を吸収する機構(フローティング機構)を搭載したコネクタのことです。コネクタが可動することで嵌合時の誤差やズレを吸収することができコネクタ・基板へのストレスを軽減できます。基板取り付け公差の吸収、同一基板に複数個の実装が可能、コネクタ半田付け部へのストレス軽減といったメリットがあります。
DTシリーズは0.5mmピッチのフローティングコネクタという機能的製品ながら、SATA規格相当の高速シリアル信号伝送に対応するコネクタです。伝送特性はSATA Rev3.0の要求規格を全て満足しています。
高速伝送対応ながらフローティングコネクタとしての機能も充実しており、フローティング量はXY方向に±0.5mmとこれまでと同等レベルの可動を実現しました。コンタクトの有効嵌合長はこれまでの同社DYシリーズ、DUシリーズより長い、1.5mmとしており接続信頼性を高めています。接点形状は円弧形状とし、異物を噛みこみにくい形状としています。
プラグ側・レセプタクル側共に、ストレートタイプ、ライトアングルタイプに対応しており、スタック、水平、垂直の三次元実装に対応しています。極数はストレートタイプが、30、60、100、140極に対応、ライトアングルタイプは30、100極に対応しています。スタック高さは10mmに対応しており、今後、高さ、極数共にバリエーションを強化し、製品の充実を図っていきます。

<DTシリーズ主な特長 >
・高速伝送に対応した0.5mmピッチフローティングコネクタです。
・伝送特性はSATA Rev3.0の要求規格を全て満足する、SATA規格相当の高速シリアル伝送に対応します。
・フローティング量はXY方向に±0.5mmを確保しています。
・有効嵌合長1.5mmの高信頼設計です。
・接続方式はスタック(高さ10mm)、水平、垂直接続の三次元接続に対応しています。
・極数バリエーションはストレートタイプで30、60、100、140極、ライトアングルタイプで30、100極を用意しており、多極に対応しています。(順次バリエーション展開予定)
・コンタクトをモールドのボックス形状により保護する事で、高い接触信頼性を有します。
・接点形状は円弧形状とし、異物を噛みこみにくい形状としています。
・レセプタクル底面をモールドで囲み、コネクタ下部のパターン配線を可能としています。
・RoHS対応品です。

<DTシリーズ主な仕様 >
・インシュレータ材質 :LCP(ガラス繊維入り) UL94V-0材、黒色
・コンタクト材質 :銅合金
・コンタクト仕上 :ニッケルメッキ下地、金メッキ仕上
・定格電流 :1端子につき0.4A
・接触抵抗 :80mΩ以下
・耐電圧 :AC200V、1分間
・絶縁抵抗 :DC250V、100MΩ以上
・使用温度範囲 :-40℃~+105℃