Home→製品情報 → CompactPCI-Express 対応バックプレーン

CompactPCI Express 対応バックプレーン

CPCIe のシステム構築を最大限に利用可能な製品

CompactPCI Express(CPCIe とは)?

CompactPCI Express 対応バックプレーンPCI バスに替わるパソコン向けシリアル伝送インターフェースとして使用されているPCI Express(PCIe)と同様に、PCI バスをベースとした工業用規格であるCompactPCI(CPCI)の次世代シリアル伝送インターフェースとして規格化されたCompactPCI Express(CPCIe)の要求が徐々に高まってきています。

このCPCIe専用の製品は、ドーターボードの消費電力に対する十分な配慮を行い、小システムから大システムまでを考慮したバックプレーンとなっています。
以下の各製品概要をご覧頂き、ご興味がありましたら是非当社までお問合せください。

ケルの製品概要

■自由度の高いドータボードに対応[CPCIe-5S2W-R-R1.0-F]

CPCIe-5S2W-R-R1.0-F□CPU ボードのみで最大スロット製品

  • 全5 スロット/周辺ボード4 スロット
  • x4 レーン構成
  • 周辺ボードは2 スロット幅
  • 端子台による個別電源供給
  • 電源バスバーの使用による電源強化
  • ATX 電源が使用可能

■ スイッチ・ボード実装による最大スロット構成[CPCIe-11S-R-R1.0-SW-F]

CPCIe-11S-R-R1.0-SW-F□CPU ボードとSW ボードで最大スロット製品

  • 全11 スロット/周辺ボード9 スロット
  • 連続した周辺ボードスロット
  • x4 レーン構成
  • 端子台による個別電源供給
  • 電源バスバーの使用による電源強化
  • ATX 電源が使用可能
より詳しい情報をお求めの場合は
製品情報 お問い合わせ